Home > よくある質問 > 自筆署名はどうやって作偽を避けるのか?

自筆署名はどうやって作偽を避けるのか?

署名の作偽は筆跡作偽の一部です。作偽手段は次のように三種類があります。
①臨書:他人の筆跡を手本にして字形をまねて書いたもの。
②骨書:他人の筆跡に似せてあらかじめ下書きをした文字をなぞって書いたもの。
③ 透写:他人の筆跡の上に紙を重ねて敷き写したもの。
日本の場合をみると、自筆署名は楷書で分かりやすく書いて、通常の手書き文字と区別していないのは事実です。 字形の模倣が簡単に出来たら、筆跡の鑑定作業をする時、字形のくずし方、筆順の特異性など、 筆跡の一貫性を見つけ出すことが困難になります。
字形より作偽し難い署名は筆速、運筆、字形などを変化させ、曲線、直線を複雑に組み合わせ、 点画を呼応させ、 文字造形の視野の広さを表し、リズムを伴って整えられ、自然にパターン化したものであるため、 練習したサインはとても作偽し難くなります。


営業カレンダー
2016年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
★営業時間:AM9:00~PM5:00
★メールでのご注文受付 : 24時間年中無休。
★休業日:日曜,祝日,祭日赤文字は誠に勝手ながら休業とさせていただきます。
★定休日中のご注文やお問い合わせについてのご返答は翌営業日となります。 ご了承ください。